山も谷もあるから、人生は退屈しないんだ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | --/--/--(--)--:-- |
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
変わらぬような変わったような
身動きできぬ1月、それに伴う多忙な2月を過ごしてまして、ブログはきれいに放置してました。
皆さま明けましておめでとうございます(うわー)
正直、初詣(?)もつい最近だったわ。

父は相変わらず元気です。
痛みも全く無いそうで、ご飯も量は少ないけれど、私達と同じものを食べてます。

病院に同行している主人によると、以前、余命宣告をした主治医が
「この状態ですと持って半年、昨年の8月には・・・」
みたいなことを本人に愚痴って(?)いた模様。
そんなことを言われても、父本人はケロッとしておりまして、諸検査が間違っているのでは?と前向きな勘違いを始めております。

去年、主治医から私達夫婦に余命宣告された時、
考えに考えた挙句、本人には告知せんかったのに。
先生、勝手にネタバレ(?)しちゃイヤン

とはいえ、転移するとこまですると、さすがに厳しい・・・みたいです。
できるだけ長く、元気な状態でいて欲しいものです。

てな訳で、身動きできなかったのは父無関係。
実は妊娠いたしました。
ようやく安定期ってものに入り、ひとまず大きな峠は超えたみたい。
ま、油断は最後まで出来ませんが。

お歳を召した妊婦なもんで、ドキドキハラハラもんですよ。
そして案の定(?)新年迎えてすぐにエライ事になりまして(感じ方には個人差があります)、安静にするようにと言われました。
買ってあったお節や雑煮の材料を前に、主人がめちゃくちゃ頑張ってくれました。

そして先日、やっと戌の日のお参りが出来ました。
今年、初神社!いえーい!
神主さんから大変感動的なお言葉も頂戴し、子育てへの決意も改まりました。

出産、育児、そして老後に関しては、どうしても悪い話を聞きがちだし、事実、厳しいものはありますが、気持ち負けしないように頑張ろうと思ってます。
だってこれまで、どれだけ気持ちが負けて後ろ向きになっていたことか。
ま、そううつ病の経験も悪いもんじゃ無かったのかな。
出産への決意が超遅くなって子供が大変そうけど。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日のおすすめ動画

みなさんお魚料理は好きですか?
私は最近魚が食べたくて仕方ありません。
昨年末、産地偽装問題が取りざたされました。
この件について、自民党のカフェスタで知った築地の魚屋さんの生田さんが、興味深いお話をされてます。
美味しい魚の知識も得られます。

生田さんの動画は、これに限らずおすすめです!分かりやすい。




スポンサーサイト
 | 2014/02/25(Tue)08:47 |
いのちっ! | comments(0) | trackbacks(0) |
初☆緩和ケア~これまでの経緯も一緒に
先日、主人の父が初めて緩和ケアを受診することになったので、主人と一緒に行って来ました。
ここは終末医療を行う科です。
ですが、別に今すぐ死んじゃう人用って訳じゃないですよ。
むしろ、より良い時間をより長く過ごすための科って思ってる。

ここでの話を書く前に、父の症状の経過をざっくりと書いてみる。

父は4年位前に、胃カメラで発見した胃がんを、腹腔鏡手術で胃の一部ごと切除してます。

数日で退院し、定期的に腫瘍マーカー値を追っていました。
腫瘍マーカーについては詳しく知らないのですが、血液検査で癌の転移の有無が解るようです。

実は父が入院、手術した頃、私、かなり鬱々してて、一切関われなかったのよねぇ。
主治医の元へ行くようになったのは、昨年から。
だから、父の受診内容について、知らないことが結構あるのです。

手術後、値は安定していたようです。
(検査結果の数値は聞かなかったから教えてもらわなかった模様、ちょっとビックリではあるけど)
しかしながら、1年位前、値が上がったそうです。

検査したけど、胃で再発した訳ではなく、怪しいと思った内臓へ転移したわけでもなく、最終的にPETという検査で骨へ転移したことが解りました。
胃がんの骨転移は珍しいらしい。

で、更に珍しい話があって。

骨転移すると、かなり痛む方が多いそうです。
ところが、父は一切痛くないそうです。
かーなーりー、有難い話です。

でも転移してることは事実。
「ここまで転移が進んでると、半年、持って1年です」
私達夫婦が、主治医からそう言われたのが昨年の8月。

余命は父には伏せ、なるべく父に楽しく過ごしてもらおうって決めたのでした。
私としては、主人が後々「○○してあげれば良かった」と後悔することが無いよう、お金で解決できることはやってもらおうと思いました。

そんなある日、皮膚に転移が見つかった。
主治医には入院での切除を勧められたけど、父は入院が大っ嫌い(笑)
しかも、庭木に毛虫が湧いた時期と被ったため、虫によるかぶれだと思い込んでいる(笑)

入院を固辞、ならばと服用タイプの抗がん剤を処方されました。

そして・・・。

皮膚がん消えたし~~!
主治医、困惑~~!

ここが、今のところの一番のハイライトですかね。

ではあるけれど、今飲んでる抗がん剤が、いつまでも効くとは限らない。
終わりはあっけなくやって来るのかもしれない。

てな訳で、終末医療に取り組んでいる病院を紹介され、行ってきたのです。

紹介された病院は、改装したばかりでベリー綺麗!
某企業とタイアップしており、凄まじい豪華さです。
近所に寮があるその会社の人も受診出来るそうだ。
素晴らしい環境ですな。

こちらの院長でもある、緩和ケアの先生とご対面。
常日頃、主治医からは「ここは相談に時間割けないんで、緩和ケアでゆっくり相談して下さいね」と言われてきただけあり、じっくり話を聞いていただける。

父はなまりがひどい上に早口なので、ヒアリングが大変なのは以前書いた通り。
(ここを書いた瞬間、父のくしゃみが聞こえた~笑)
だけど、先生はじっくり聞いて、丹念に答えてくださる。

とりあえずは一月後、また受診することになった。
何か変調があれば、もちろん、すぐに受診。

その後、看護師さんから病院のシステムを説明して頂き、この日は終了。
看護師さんも、聞き上手の説明上手だったわ。
素晴らしい。

近場に良い病院があって、本当に良かったな。
さすがは神奈川県と言ったところか。

この日はこの後、主治医の診察があった。
ちなみに主治医は外科医なんですよ、最初手術だったから。

病院のはしごですよ。
これは車で移動するために休みを取る主人の都合です。

それにしても、はしご物凄くスムーズに進んだ。
薬局が終わった時点で、まだ14時台。
青い空、気持ち良い風。

私の思いつきで、この後、凄い展開が!
そして巻き込まれていく家族達(爆)
続きは別記事にて!



 | 2013/05/18(Sat)08:16 |
いのちっ! | comments(0) | trackbacks(0) |
うーん
なんだか日々色々な事が起きてるけど、消化仕切れてないそんな日々です。
はー。

今日は小ネタ。

数日前、主人が新聞を切り抜いていた。
この日は気になる本の宣伝を見つけたらしい。

大きく、余命3年 の文字が見えた。

遠目に見えたそのタイトルには見覚えがあった。
ああ、ドラマだか映画だかになったあの話かぁ。

主人はお涙頂戴ものが意外と好きである。
でも書籍はそのノリではなかった気がするが。

「なに、今頃その本読むの?この間本屋にあったよ、山積みで」と言うと、
「そうなんだ!へぇ~」と言って、切れ端を畳んだ。

翌日。

きのうの新聞の切れ端が置いてある。

アベノミクスが激論で解けた・・・だと?
この本って、青山さんの本だっけ?

一瞬びびったが、これは裏面だった(笑)

主人が欲しい本は…

「余命3ヶ月」のウソ だと?

おーーーい、花嫁じゃなかったのかよーーーー!
あたしゃてっきり余命3ヶ月の花嫁かとorz
(本屋で売ってたのもコッチ)

まぁ、気持ちは解る。
だって、余命宣告されてる主人の父が、かなり元気なのです。
生命の神秘だなぁって感じです。

余命わずかと言われ、結構、旅行やら物やら、お金を使ってきたこの9ヶ月。
まだ詳細書いてないけど、不妊治療も高いしねぇ。
正直、貯蓄の余命の方がヤバイデス!

ま、何事も、統計からずれる人って居るよな。



*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・

お奨めの国会動画!
このところ、国会見れて無いわ。



中山なりあきオフィシャルブログ様
2013年4月10日衆議院予算委員会 質疑の動画です。





 | 2013/04/24(Wed)18:28 |
いのちっ! | comments(0) | trackbacks(0) |
ぼったくりか否か
中学生の時に新宿駅で迷子になったことがある私としては、渋谷駅のダンジョン化が気になる月曜日です。
そのうち探検に行くつもりです。

さて。

今日は終活ネタ。
ある葬儀会社の無料セミナーにて聞いた話。

皆さんはお布施ってどんなイメージですか?
私はなにやら謎めいた、でありながら払わないといけない、なんか高額なお金ってイメージだった。

セミナーでのお布施についての説明によると、

お布施とは・・・本来はいっさいの報いを求めないで他に何かを施すことを言います。

ですって!

そして、お布施には3つの種類があるそうだ。

財施(ざいせ):金銭や衣料・食品などの財を施すこと
法施(ほっせ):仏の教えを説くこと
無畏施(むいせ):不安や惧れを抱いている人に安心を施すこと


私がお布施に持っていたイメージは、財施のみだったようだ。

講師の方によると、見返りもあることを知らない人が多いから、
お布施=ぼったくり 
ってイメージになるらしい。

相手を知らないことが相手への不信につながることは良くある話だ。

誤解をひとつ解いてくれたこのセミナー。
(これはこの日の内容のほんの一部)
このセミナーを開催している会社は、無料でこの知識を受講者に授けている。
そして受講者である私達夫婦は、ここ良い会社だねぇ、となる。
恐らく、こちらの会社に有事にはお世話になるだろう。

会社としても生前相談(まだしてないけど)もアリで揉め事も減らせて、まさしくwin-winだよなぁ。
さらにお寺様も信頼されて、もういっちょwinとなるかもね。

さてさて。
全然終活とは関係ないけど、政治の世界もこうwin-winになったらいいなって思ってる。
これまでってテレビのニュースや新聞でしか政治の事を知ることが出来なかった。
そして大体マスコミってのは政治に批判的(特に自民党に対して)。
相手憎しが根底にある人の話って、聞いてて滅入る。

でもさ、今は色々あるよね。
特に自民党がやってるcafesta(カフェスタ)は、とっても面白いと思っている。
テレビや新聞を介さずに見る政治家は、魅力的な印象の人が多い。

youtubeのサイトへのリンク

政治家なんてくそ!政治なんて腐ってる!
って投票すら行かん人は、悪意のある編集をされた情報ばっかりみてる可能性高いと思うわ。



一度は見るべきのお勧め動画をしばらく貼りますよ~



 | 2013/03/18(Mon)18:08 |
いのちっ! | comments(0) | trackbacks(0) |
しゅーかつ
実は今、夫婦揃って終活中である。
理由は、同居中の父が余命宣告を受けたため。

昨年8月に、あと半年、持って一年なーんて言われたけど、

超元気です^^v

有難いことです。

ちなみに、父には余命宣告されたことは秘密です。
本人に告知はしないことに決めたのです。

ただし、癌ですよって本人への告知は、あっさり為されたらしい。
もう何年も前もことだけど。
ま、癌なんて、長寿社会の日本じゃ、ありふれた病気ってことみたいだ。
完治する人も多いもんね。

そんなこんなで、近いうちにやって来てしまう別れの日をしっかりと迎えるため、息子夫婦である私達の終活が始まったのでした。

墓地見学も行った(気が早すぎた感も)。
狭くて高かった。

あとは某葬儀社の無料セミナーに2回参加した。
料金とか、内容とかオープンで良かった。
次は個別相談に乗ってもらうつもり。

他には病院主催の自宅で看取りにかんするセミナーやら、癌の治療に関するセミナーやら、いくつか受けた。
どの回も、私達の親より年の受講者が多かった印象。

ま、とにかく、事前に考えておくこと、山ほどあることを知った。
お子さんが居る人は、元気で笑って話せるうちにやっておくべきですよ、終活。
そうしないと、子供に丸投げになります。

正直、一時期主人が可哀想な状態になった。
今は元気そうにしてる。

死を考えることは生を考えることでもあるし、大いに自分の死について考えるべきだよなぁって思う、今日この頃なのでした。

たまにこのネタも書きます。

 | 2013/02/24(Sun)15:13 |
いのちっ! | comments(0) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │ 
こんな人・・・かも?

とも

  • author:とも
  • ちんたら専業主婦しています。
    生活クラブ生協は辞めたい日もある複雑な心境にシフト。
    バイオリンは弾いてない。アマオケ復帰したい気持ちもあるんだけどねぇ。
    国会視聴はマイペースに継続中。知識不足も痛感中。
    密かに不妊治療始めました。遅まきながら、ようやくここに至る心境の変化がおきました。歳だけど間に合うかなぁ?ま、頑張ってみる。
    (2013.2.20更新♪)
  • RSS

  • 管理者用
最近こんなこと書いた
カレンダーっす
« | 2017-04 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
戦慄の旋律ならココ(爆)
ブログ内検索:NGワードはダンナ(笑)


ご訪問、ありがとうございます♪

現在の閲覧者数です 





おやじ素材

おやじパーツ投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。