山も谷もあるから、人生は退屈しないんだ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | --/--/--(--)--:-- |
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
コンサートで色々考えた~その2
続き~☆

マーラーの交響曲第5番を初めて聴いたのは、ドラマのBGMだった。

「それが答えだ!」ってドラマで(ドラマの小説本の帯によると、フジテレビだったみたい)、しょっちゅう4楽章が流れてたんですよ。
前にもこの話って書いたかな?

実に美しい曲だよねぇ。
マーラーって、ゆるい楽章は別人になる印象です。

ちょっとドラマに話を戻すと、ロケ地がまた素敵だったのよ。
特に、エンディング画像が美しかった。
後年、「あのつり橋のある尾白川に行ってみたい!」って主人が言い出して、白州町へ行ったんだよな。
ちなみに、実際に釣りを良くしたのは、もっと上流域なんだけどね。

行き帰りの車内では、マーラー5番のCDを良く聴いたもんだ。
とりわけ白州町の森の中を、あの曲(4楽章)かけながらのんびり走ると癒されるよ~

そんな訳で、マーラーの5番は、弾いた事ないくせに良く知ってる曲のひとつです。
ただし、弾いた事無いから、スコア持ってない。
つまり、細かい事は把握してない。
(聴いただけで楽譜が解るような人間じゃございません)

あ、コンマスのバイオリンは元に戻ってました。
そりゃそうだ。

この日の演奏を聴いて、やっぱプロの生演奏はいいなぁって、久しぶりに心の底から実感しました。
(ちょっと前のコンサートの立場が・・・汗)

前に似た実感をしたのは、サマーミューザでの東響の新世界よりだった。
指揮は秋山さんだったな。
この時は、小さな音の繊細さが凄かったよ。まさに鳥肌モノ。

今回は、生ならではの大音量を堪能しました。
ホルンが、ホルンが、ホルンがーーー!!!
(狂喜するホルン聴き専)

今回座ってたのはR席だったので、ホルンのベルが向いてない方の席だったのに、凄まじい迫力でした。
ジョナサンさんすごかった。
(のだめの映画に出演もされた、素敵な主席の方デス)

やっぱ鳴ってるアレキはいいねぇ~っ!くぅ~っ!(オヤジ)

4楽章以外、全ての楽章でベルアップがあって、見た目も派手だった。
ホルン全員、めっちゃカッコよかったわ><b

終わった後、L席からかなりの数のブラボーが聞こえた。
きっとみんなホルン吹きさんだったんだろうな。

さて、ばいよりん弾きとしては、バイオリンにも目が行きます。
(その為のR席なの)
東響は、ファーストバイオリンに熱い演奏の人が多くて大好き
(突然の告白)

コンマスもカッコ良かった。
(ちなみに大谷さんも好き好き大好き)
コンマスの横の人の弾きっぷりも良かった。
(実はこの人もコンマスだと知ったのは、帰宅後チラシを見た時)

そうそう、コンマスは、ピッチカートのソロもあって驚いたわ。
初めて見たかも。
これ、車でCD聴いてるだけだとソロだとは気づかなかったな。

それにしてもピッチカートって、あんなに大きな音が出るんですね・・・(遠い目)

指揮の飯森さんも熱かったなぁ!
あ、ちなみに、熱すぎてダメな指揮者も実は居るんですが、飯森さんは大丈夫な熱さでした。
(あくまで個人の感想です)

この曲って、終わり方がかっちょ良いんだよね。
またドラマに話を戻すのですが、主演の三上博史さんは、5楽章のシーンは通して振ったらしいんだよね。
終わりがまた、カッコ良かったような、おぼろげな記憶があるんですよ。
それっぽく見えたもんな、役者って凄いよね。
(ついていったオケも、もちろん凄いのだけど)

そんな記憶があるもんですから、今日はどんな感じで終わるんだろうなって、かなり気になってました。

結果としては、超盛り上がって、ドラマ以上のカッコ良さで終わり、間髪入れずの拍手&ブラボーと言う、お客さんもなかなかのグッジョブ状態でした。
自分も(一応誰か出るのを一瞬待ってから)すぐ拍手したわ。
そうしたくなる感じだった。

曲が終わった後って、余韻をじーーーんと待ちたい時もあるし、この曲みたいにクイック拍手が良い時もあるよね~
あ~、もしかしたらミューザって、イケてるお客さんが多いかも知れない。

ともかく良い演奏会でした。
てか、東響って、凄いオケだよな。
実は、すっごい前に居たアマオケって東響の人がトレーナーで来てくれてたんだけど、その時は一切演奏会を聴きに行ったこと無かったんだよね(汗)
前って初台でのオペラが多かった・・・よね?(オペラは苦手な人)
だから、ミューザのフランチャイズになった時、実は大喜びしたんです。

ちなみに、私のオケでの演奏に関する知識は、東響のトレーナーのものが一番多いのです。
弦分奏や合奏で、ほんと色々教えて頂きました。
(実はさ、適当にはぐらかすトレーナーも居るのよ、悪意はないんだろうけど)

なお当時、実際の演奏に反映出来てなかったのも、当方に悪意はありませんでしたー
うわーん

この日は、とあるコンサートのR席のチケットを買って帰った。
友の会に入った方がいいかもしれんなぁ。

この後、1Fのスシローに行ってみたけど、87分待ちに驚いて帰ったのはヒミツです。
ディズニーランドかよ、みたいな。



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

本日のおすすめ動画

少し前に読んで、とっても面白かった本の著者である、渡邉哲也さんが出演された台湾の番組です。
ズバリと正論を言う様が『黒い』と評判の方ですよ☆
アベノミクスについて説明されてます。
日本のテレビも、まともな人を沢山出演させて欲しいです。




スポンサーサイト
 | 2013/06/12(Wed)18:24 |
音楽♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
コンサートで色々考えた~その1
今日はコンサート見てきた日記。
素晴らしかったもんで。

昨日(6/9)、ミューザ川崎シンフォニーホールへ行って来た。
復旧後初です。

ちゃんと今度は耐震強度計算してるし、去年のサマーミューザ会場で(市の職員さんと思われる人に)「震度7でも今度は大丈夫!」って言われたから、信じて来ました。

・・・最初のいい加減な施行した者と見逃した者、二度とやるなよ?

ご参考 過去記事
ミューザ川崎シンフォニーホール

ホールに着いたのは開場時間を過ぎてから。
なんだか物凄い人出です。
この日を待ってた人、きっと沢山いたんだろうな。
(ちなみに、再開初回ではないよーん)

この日も、前からのお気に入りである、3階バルコニー席(R側)へ。
お気に入りポイント
・指揮者が見える
・オケの見え方も悪くない角度
・安い(笑)
ダメな点
・コントラバスがまるで見えない
・ホルンのベルはL向いてるからなぁ(by主人)
・どうもモノによっては音のバランスが悪過ぎる模様(後述)

それにしても、この席って、こんなに天井良く見えましたっけ~???
(び、びびってないもん!)

さてさて、この日のプログラムはこちら☆

名曲全集 第87回

J.S.バッハ
トッカータ、アダージョとフーガ BWV564

アルビノーニ
オルガンと弦楽のためのアダージョ

マーラー
交響曲第5番 

指揮 飯森範親
オルガン 松居直美
管弦楽 東京交響楽団
コンサートマスター グレブ・ニキティン

ずばり私達の目的はマーラーだったのですが、他も期待しちゃうラインナップです。

1曲目、始まり~

この日はバルコニーの中でも、オルガンのすぐ側の席だった。
買ったの随分前だけど、(C席は)既にココしか空いてなかったんだよな、確か。

バッハ始まりました。
例のアレかと思ったら、違う曲だった。
今になってプログラムにハ長調って書いてあるの発見~!
例のアレはどう考えても短調じゃないか~(笑)

でもなかなかの素敵な曲ですよ☆
ただ、音の強弱(?)がおかしいことに気づいた。

(あれー?オルガン直ってないのかな?)←んな訳無い

実はオルガンに近過ぎて、本体の左右で音量が著しく異なって聞こえてくる模様。
特に低音域が面白いことに(涙)

・・・。
もしも今後、オルガンのコンサートに行くことがあったなら、席取る時気をつけるか。

でもね、良い事もあったんだよ。
オルガニストの足元が良く見えた。
凄いよねぇ、足技。

この日の奏者の松居直美さんは、あの地震が起きた時、ホールでリハーサルの真っ最中だったそうです。
ご無事だったとはいえ、きっと怖かったと思うんだよねぇ。

ミューザに帰ってきてくれて、本当に有難いことです。

この日の2曲目は、舞台上の普通のオルガンと弦楽。
(遠隔操作パイプオルガンだと勘違いしてた~良く見たら足元のペダル無いし~笑)

さて、実はこの曲で、ちょっとビックリする事が起こった。

みなさまは、震災がれきで作ったバイオリンをご存知でしょうか?
私は昨年9/30のNHKおはよう日本で知りました。

実は録画してたんで、いくつか画像をどーん。

20130610-tv1.jpg
20130610-tv2.jpg
20130610-tv3.jpg

さっき改めて見直したところ、バイオリン職人の中澤さんがバイオリニストの奥様の言葉に触発されて作り上げたバイオリンだって話だった。
(この件を書こうとしたら、なんか本題に帰って来られ無そうだったので、改めて別記事にします)
ちなみに、NHKの番組内では奥様が演奏していた。

コンサートでの指揮者の飯森さんの解説によると、魂柱(こんちゅう)にはあの奇跡の一本松を使っているとか。
そして只今、1000人の奏者が弾くって企画をやってる最中だそうで、今日はコンマスが弾くって言うじゃありませんか!
楽器の裏の絵、掲げて見せてくれましたよ。

実は、この絵ってどうなの?ってテレビで見た時には思っていましたが、この位して正解だったんだなと。
だって、バッチリ記憶に残ってたもの。

それにしても、生で聴けるとは思わなかったなぁ~!
どんな感じなんでしょ?

途中、コンマスのソロがありました。
やっぱり、若い音がします。

でね、普通の演奏会だったら、新作はこんな感じよねぇ~で終わるのですが、これは震災があったから生まれたバイオリン。
なんかね、新しさがね、実は震災からまだ、2年と3ヶ月でしか無いって事を突きつけて来た気がした。

色々あったけどさ、なんか、すでに復興期に入ってるって(政権交代後は如実に)思ってたけどさ、きっと、まだそんな気になれない人も居るんじゃないのかなぁ?
だって、さほど影響なかった私でさえも、かなり、精神的にキタからねぇ。

なんか、そんな事を思いました。

最近、報道もすっかり減ってしまったし、あまりにもエリアが広かったために、元からあんまり報道されてないエリアもある。
なるべく関心を失わないように努めようって、改めて思いました。

それにしてもアルビノーニのアダージョって、ホント暗いわ~
近くのおばさん泣いちゃってたよぉ~><
(自分は耐え切った笑)

演奏終了後、再びバイオリンを高く掲げるコンマス。
万雷の拍手でした。

休憩を挟んで、いよいよマーラーです。
なんか長くなったし、出かけるんで、つづく☆
(自分勝手~)


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

本日のおすすめ動画

さかなTV
第2回放送「海外の漁業から学ぶ、儲かる漁業とは」

自民党のカフェスタで知った、築地の魚屋生田さん。
漁業問題を教えてくれます。
まずは知る事からですっ!必見デスヨ!あいっ!



 | 2013/06/10(Mon)09:53 |
音楽♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
急に思いついたツアー 後編
急に思いついたツアー 前編 の続き。

零戦を堪能した一行は、一路、演奏会会場である所沢市文化センター ミューズへ。
すっかり忘れてたんだけど、このホールでゲルバーの皇帝を聴いたことがあったわ。
つまり、航空公園駅は通院以来の久しぶりってのは勘違いでした。

あの皇帝聴いたの、いつだったっけな?
ブログ始める前の話です。
こんな時、日記書いてたら良かったなって思う。

さて、ホールへの道中、二人乗りのバイク?にまたがる謎の制服?を来た二人組みを見かけた一行。

(小声で)
私「あれ、何の制服かな?」
父「あれはドイツ軍だ」

え~?そうかな?コスプレなの?何か仕事してる人なんじゃないの?と母と二人でバイクを盗み見したところ、おっぱいと車体に書いてあったので、

(小声で)
私・母「コスプレか!」
(この時は、仕事の人が痛車に乗っている可能性については考えなかった)

話題に乗り遅れた主人「え?何?何?何の話してるの?」

一瞬、防衛医科大学の外用の制服的な何かかと思ったよ。
てか、父、色々と詳しすぎだろう。
ホントにドイツ軍の制服だったかは謎だけど。

…こう言う時って、話しかけて確認するべきだったのかなぁ?今回みたいにスルーが正しいお作法だったのかなぁ?

そしてホールに到着。
入り口に看板がかかっている。

オーケストラ発表会

演奏会じゃなくて、発表会ってくくりなのか!

主人が見つけたこの演奏会…じゃないんだよな…催事?は、山野楽器でやってるオーケストラのもの。
アマオケにつきものの、色んなお仕事をせずに参加できる、音楽教室のオーケストラなのです。

一体、どんな感じなんだろう?と言う好奇心のみで聴きに来ました。
正直、近所で零戦の展示が無かったら、実際に足を運んだかは怪しい。

それでは、この日のプログラムです。

ワーグナー 歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
(池袋クラス)

モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
(銀座クラス)

チャイコフスキー 交響曲第5番
(銀座・池袋合同コース)

発表会始まりました。
お客様であるオケがきちんと弾けるゆっくりなテンポ設定かな?と思いきや、普通のテンポです。

マイスターって転調多いし、裏旋律多いし、テンポの変わり目多いし、複雑。
初めて弾いたのは、大学2年の時だったっけ。
良く迷子になった思い出がある。
ビオラは泣いてた。

だからこうなるのは良く分かる!
?が飛び交う感じになるのは仕方が無い(笑)

山野、なかなかのスパルタ選曲である。

次は魔笛。
こちらの方がまとまってたかな。
主人はマイスターの方が良かったって言ってた。

休憩時間に、すっかり忘れてた事を母から聞いた。

母は一時期、山野の銀座教室でチェロ習ってた。
3ヶ月位通ったのかな?
もちろん楽器はレンタル。

でも金額的に続けられないし、山野じゃチェロ買えないけどチェロ買っておうちで続けた~いって思ったらしく、私に何の相談もせず、アホ通販に引っかかったのですわ。
散々私が遊んでたのがその通販チェロだったのです。

で、さすがは銀座と言ったところか、大使館勤務の人とか居たらしいよ、生徒さん。
極めつけは講師なんだけど、宮内庁のオケの方だったとか。
内親王様(って言い方で合ってるかな?)にもご指導されてたとか。
これから皇居です!って良く言ってたらしい。

そんな所の人でも副業いるんだねって、少し悲しくなったのを覚えている。

この方、雅楽も出来たみたい。
ここまでは普通の話なんだけど、この方、女性だったんだって。
へぇ~って初めて聞いた時は思ったもんだ。
思い出した今は、なんか複雑な気持ちだな。

ま、そんなこんなで休憩が終わり、チャイ5です。

ふと周りを見ると、すやすやモードの人がちらほら。
私も、零戦見てはしゃいできたからか、睡魔が(笑)
横を見ると、

主人、バッチリ寝てます。

ま、仕方ないよね~

2楽章も冒頭眠いよね・・・あ、ホルンソロあるじゃん!と慌てて主人を起こそうとしたら、

カッと目を見開いております(爆)

心の中で「こわいよこわいよこわいよ」と連呼しながら聴きました。
ソロ、頑張ってましたわ!
主人もなかなかだったと言ってた。

かなりバリバリ弾いてる人、嵐が過ぎるのを待つ奏法の人、色んな人が居ましたが、無事に4楽章まで終了。

ひとつ気になったのが、トライアングルとシンバル。
あんな小学校の音楽室レベルのヤツじゃもったいない。
トライアングルはちゃっちい音だったし、シンバルは残響ゼロのおかしな破壊音だったよ。
楽器なんて売るほど持ってるくせに出し渋るんだから~(笑)

ま、奏者が手が空いてる人になるのは仕方ないな。
(前に主人がアンコールのトライアングルやった時のことを思い出したわ)

そんなこんなで発表会終了です。
帰り際、山野のスタッフの人に練習期間をたずねたところ、1年との事。

もらったパンフによると、オケはこんな感じ。

銀座教室の場合

レッスン日 土曜日
回数 月2回
時間 14~16時
月謝 5250円(会員) 7350円(一般)

池袋教室の場合
レッスン日 金曜日
回数 月2回
時間 19:15~21:15
月謝 6300円(会員) 8400円(一般)

池袋の方が高いのか!(驚愕)
あと、入会金がキャンペーン中なら5250円らしい。
入会すれば月々安いって事なのかな?

ちなみに、主人が居るオケは、

毎週練習、2時間半
団費 4000円/月だったっけかな?
演奏会の費用も込みだったはず。
別途取られるオケも多い。
もちろん、打ち上げの飲み代は別途必要よ(笑)

普通のアマオケは、色々運営のお仕事もあったりするので(かなり多岐に渡る)、すっかりお任せである事を考えると山野の教室良いかもね。
会計は泣ける。

あと気になるのが、発表会のホール代も月謝に込みなのかって事。
込みだとしたら安いな。
別途、なんだろうなぁ。

それと、練習期間が1年なのは、私にはちょっと長いな。

ほんとに初めて楽器やる人は、これ以外に基本的なコースも受けつつ、オケもやるって感じなんだろうかなぁ?
それと、オケの曲の指使いを全曲に渡り付けてもらえるのなら、良いな。
どうやって弾くのがベストか、悩む事、多かったんだよなぁ。
ま、頭の体操にはなるんだけど(笑)

それにしても、母がやりたくて仕方なさそうにしてたなぁ。
余計なもの見せちまっただろうか。

ともあれ、これは面白い試みだと思いました。
さりげなく、今年で5回目だったそうだ。
来年もミューズで発表会やるみたい。

サイト見つけた。
やっぱ、弾くだけでOKが売りだったか!

ヤマノミュージック池袋オーケストラ



 | 2013/05/09(Thu)09:52 |
音楽♪ | comments(1) | trackbacks(0) |
ミューザ川崎シンフォニーホール
たったの震度5弱で天井が落下したミューザ川崎シンフォニーホール。
いよいよリニューアルオープンなのは嬉しいのですが。

少し前、川崎市の震災被害調査の最終版がネットにアップされた。
川﨑市 ホール復旧について

それで、この中の、
川崎シンフォニーホール震災被害調査報告書 概要版(2)の4ページ 
9 設計・施工時における耐震性等の検討
によると、

(1)と(2)からは、構造計算あるいは耐震計算がなされたという情報が得られなかった

ちなみに
(1)設計関係者および施工関係者5社に対するヒアリング(委員会のWGによる)
(2)設計関係者および施工関係者6社に対する文書による質問(委員会のWGによる)と回答
です。

構造計算あるいは耐震計算がなされたという情報が得られなかった

おいっ!おいっ!おおおおおいっ!!!

しっかりと責任を追及してほしいものです。
川崎市民じゃないけど。

ミューザ崩落で川崎市、8法人・企業に賠償支払い督促/神奈川


私がこの事故で一番恐ろしいと思ったのは…。
このホールって、ウィーンフィルやらベルリンフィルやらが公演してる。

実は構造計算してませんでした♪とか…二度とミューザ使ってもらえなくても文句言えないレベルだと思う…。

ちなみに、主人は友の会入る気満々です(笑)




最近一番のお奨め動画
議事録は こちら の[186]~[214]







 | 2013/03/30(Sat)18:48 |
音楽♪ | comments(0) | trackbacks(0) |
初逗子
NHKのネタ豊富過ぎて困り、今日は日記を書くことにしたので(面倒事の先送り)、偉大なる他ブログ様をご紹介!(他力本願)

くれば の ひとり語り 様
韓国による日本の世論工作(動画書き起こし) ~無知な日本人に対して怒るのではなく教えるメディアキャンペーンが(韓国の為に)必要である~

Freemanの音楽・政治ブログ 様
【従軍慰安婦】中山成彬議員が国会動画をアップした話【NHK】

おすすめです。

さて、10日の日曜日、初めて逗子に行ってきた。
目的はコンサートである。

逗子駅にて、この日開催されるコンサートのチラシを発見。
これを見て、イヤな予感が走る。
クリックすると拡大しますよ。

20130310-チラシ

ヤバイ!美系か!

この人が美人かどうかは別として(ひでぇ)、外見を売りにする奏者って居る。
美形、じゃなくて、美系ね。
特にバイオリンには多い印象。
ほらあの人とか!(こら)

この日のソリストが韓国人であることは知っていたのだが、この路線だったとは。
チケット購入時のコンサート情報には画像は無かったのです。

…でも!

「ホール、555席しか無いんだね?」

「それが売りらしいよ~」

メインのドヴォルザークの交響曲第8番を聴きたくて、この日のチケットを取った主人が答える。

「そんだけ小さければ、音はイヤでも聴こえそうだね!」

過去の痛い思い出を振り払いつつ、会場へ向かった。

会場は、逗子文化プラザ なぎさホール。
学校や図書館も同じ敷地内にある、ちょっと地元民が羨ましい施設。

この日のプログラムは2曲プロ。
ブラームスのバイオリン協奏曲と、さっき書いたドヴォちゃんの曲。

席に着くが、空席多いな。
ま、それはさておき、開演まで貰ったプログラムを読む。
そして、ソリストの紹介文の一番最後に、気になる記述を見つけてしまう。

20130310-プロフィール

読みたい人用の大きめ画像はコチラ。
クリックで拡大。

20130310-本文


ストラドっすかぁ…。
ばててないとイイケド。

バイオリン製作習って以降、古いバイオリン、とりわけストラドのG線の貧弱さがダメです。
中にはまだ大丈夫なストラドもあるみたいだけど。
(ずっと弾いてなかった状態の良いやつを、日本人の女の子が借りて弾いてるような怪しい記憶がある)

さて、今日のはどうでしょう。
会場狭いから解らないかな?

この日のオケは、新日本フィルハーモニー交響楽団。
すっごい前に、墨田トリフォニーで聴いて以来である。
なお、ホルンの主席の方は、高校生の時管打楽器コンクールだかで優勝されており、当時やはり高校生だった主人はバンドジャーナルで記事を読んだらしい。

金色のドレスのソリストと、指揮者登場。
あー、コンチェルトが前プロだと、指揮者は後から来るから、ソリストしか拍手受けない仕様になるのか。
なんか変な感じするな。

演奏始まりました。
ソロが入るまで長いよね。

ソロ入りました。

…アカン。
このストラド、アカンやつや…。

ソリストの音を殺さないようにするオケの愛情が凄かった。
さすがプロだな。

2楽章の終わりあたりに、一瞬だけ素敵なトコあったけど、おおむね残念でした。
サムスン、もっと良い楽器貸してあげればいいのに。

ま、プロ、特にソリストは、使う楽器も実力のうち、ですわ。
かわいそうですけど。

さ、お次は音量をひたすら抑えてたオケの本気が聴きたいメインですよ!

気のせいかも知れませんが…指揮者も随分テンポ揺らしてたよね、さっきより。
ホルン、いいよいいよ、鳴ってるよ。
コンマスのソロも良かった。
バイオリンってそういう音ですよね!

コンチェルトも弾いちゃえば良かったのに!
みたいな。

アンコールは、ドヴォルザークの弦楽セレナーデの第1楽章でした。
この曲ホント素敵よね。

あ!ソリストのアンコールは、クライスラーのレチタティーボとスケルツォって曲でした。
(しらん曲だった)

この日のソリストの聴こえなさっぷりは、主人と数回話題になるほどだった。

「モーツァルトとかにすればよかったのにね」

「よりにもよって、ブラームスだもんね」

そして昨夜知ったのが、

「ま、この日連続3回目の公演だったから、疲れてたのかな?」

なんでも、隅田トリフォニーでも2回やってたそうで。
ほんとはコッチを聴きに行きたかったんだけど、用事があったから逗子まで行くことにしたんだと。

そっか、ストラドおじいさん、疲れてたのか(違う)

墨田って結構大きいよね、ホール…。
何人収容かまでは知らんけど…。

ストラディバリウスって呪文の言葉で問題無しだったかな?



 | 2013/03/15(Fri)15:37 |
音楽♪ | comments(2) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ  >
こんな人・・・かも?

とも

  • author:とも
  • ちんたら専業主婦しています。
    生活クラブ生協は辞めたい日もある複雑な心境にシフト。
    バイオリンは弾いてない。アマオケ復帰したい気持ちもあるんだけどねぇ。
    国会視聴はマイペースに継続中。知識不足も痛感中。
    密かに不妊治療始めました。遅まきながら、ようやくここに至る心境の変化がおきました。歳だけど間に合うかなぁ?ま、頑張ってみる。
    (2013.2.20更新♪)
  • RSS

  • 管理者用
最近こんなこと書いた
カレンダーっす
« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
戦慄の旋律ならココ(爆)
ブログ内検索:NGワードはダンナ(笑)


ご訪問、ありがとうございます♪

現在の閲覧者数です 





おやじ素材

おやじパーツ投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。