山も谷もあるから、人生は退屈しないんだ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | --/--/--(--)--:-- |
スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) |
レッスン8回目-その1(BlogPet)
ともの「レッスン8回目-その1」のまねしてかいてみるね

今回は力なんていらないなぁ!!
でも、重力にしずかちゃん!はず。
10年以上ムリ・自然な~(笑)速め()うーん、『えっ?昨日の先が暴れてないの指板に対する手の挙動不審な状態だった感想^^;)A、難しかった頃よりは思わなかったけどね、同時に鳴らす重音のぐらつきは抜けてたんだ(ちなみに今朝、結局、すぐの構え。
この曲の先になって脱力出来ない^今ちょっと分かんないの場合は連れてやって、E線を入れ方が音は無され、中へ。
次いでカイザーの辺りのかねぇ、微妙な指板に対する手の角度が仲良しで軌道が解った。
でも・『それが出来な?昨日の楽譜の場合は思わなかったな~いない(笑)うーん、力みすぎちゃうことかも!
2オクターブでもって脱力出来な予感^^;)ビブラート。

*このエントリは、ブログペットの「めいぷる」が書きました。
スポンサーサイト
 | 2009/01/31(Sat)07:33 |
ブログパーツたち☆ | comments(2) | trackbacks(0) |
レッスン8回目-その1
今回の副題:関節

天気が下り坂との予報が気になる、微妙な空模様。
なんかねぇ、早起き生活が定着しつつあるのはとっても良いんだけど・・・
夕方は、かなり眠たい(おこちゃま)
軽くドーピングしてから、ピーちゃんでレッスンへ。
(ドリンク剤よっ!)

今日は前の人、いなかったな。
カギを開けてもらい、中へ。

月謝袋が帰ってきた。
・・・?何か入っている(非常にイヤな予感^^;)

アンサンブルのレッスンの譜面、結局、すぐに入手は出来なそうだったのよね。
海外からの楽譜の取り寄せは船便がメインらしく、○ヶ月かかる、って感覚なのよね。
10年以上前に、オケのスコアを取り寄せたことがあるんだけど、待たされたわ。
まさか今でもそうだとは思わなかったので、ビックリ!直輸入なら、もうちょっと早いのかな?

ま、これは、私が悩むべきことではなく・・・
あることを先生に頼まれ、私は楽譜を借りた(突っ込まないでください)

しっかし、何がこういう結果を生んだのか?
・・・いや、やめておこう。疲れそうだ。

さて、いつものように、ボウイングから。
ダウンボウは、大分マシになった様子。でも・・・
『もっとゆっくり腕を回して、腕の重みを感じて』
アップボウは、まだ、釈然としないのよね、いまいち。
それが音にも出てる(録音を聴いた感想^^;)

A、E線が特にダメ><
弓の角度が斜めになるのはいつも^^;(定番化?まずいねぇ)

『重みを感じて脱力出来たら、弓を置いて、弓の毛を目でわかる位沈めて』
うう、弓の先はコントロールが難しいなぁ。
『そして、スタートをつけて弾いてください』
ううう(泣)

このスタートって言葉、やっぱり理解し切れていない。
一応、質問。
「つまり・・・弓の進行方向に、人差し指で圧を一瞬かけるってことですか?」
『はい!』 ほう(まだ理解し切れていない^^;)

今ちょっと思ったのは、人差し指でいわば勢い?をつけるのかな。
この勢いの程度が足りないと『もっとスタートつけて!』って言われるのかも。

そんでもって、その勢いを利用して弾く。
いつまでも人差し指は圧力をかけている訳ではない。
よく、心情的に圧をかけすぎちゃうこともあるけど実は逆効果。
ってのは、こういうことかもしれないなぁ~
(見た目だけffが得意だった人の回想)

うーん、重力に逆らうのは大変だなぁ^^;
ダウンの方がラクだもんねぇ。

次いで、スピッカート。
遅め(中よりも元よりで弾く)だと、アップとダウンで軌道が違うらしい。
多分、弓先が暴れているんだろう^^;さすが馬のしっぽ(爆)
速め(中弓あたり)だと、ノーコメントだった(OKかNGかは謎^^;)

ビブラート。まずは弾いてみる。最近、前よりもかけにくい。
『もっと遅い方がいいのだけど』 ううー。
もう一度、遅くする努力をしつつ、弾く。
近頃気になっていたコトを聞いてみる。
「ビブラートをかけると、ココがすごく疲れるのですが」
ココとは、いわゆる力こぶ!の辺りの筋肉。
『それは力が入ってるから!』 やはりおかしいのかぁ。

ここでは、力みすぎ話はここどまり。

次は、小野アンナ音階教本を使って、音階。
レッスンでは、C-dur、単音は2オクターブで、重音は1オクターブのみ。

前回、左手に力が入りすぎていると解った。
1週間しかなかったけど、まぁ~、それなりに?前よりは抜けてたかなぁ?
力んでいた時の、指板を押さえてすぐの挙動不審な指のぐらつきは、検挙された(爆)
音程がおかしいと思って、弾いてからちょっと指を動かすことはしたけど、今回は何も言われなかった。
OKなのか、温存ネタとなったのか、ちょっと分かんない(笑)

その後、6度のスケール。これは、比較的やりやすい。
問題は3度のスケール。しょっぱなから問題発生!
「あ、あれ?音にならない」 ぎこー(笑)
『自宅では弾けましたか?』 ぎく!
「うーんと・・・弾けた気でいました」

ピアノの音と合わせて音を取り出したら、G線とD線を使う3度で、見事にしずかちゃん!
おかしいな?
ドラえもんは連れてきたけど、しずかちゃんドコから?^▽^;

原因は、関係ない指が弦に触れているから。
でも、弾いてない指もすぐ使うので、なるべく離したくない。

以前、カイザーでも似た状況になったな。
この時は、肘を入れて、指を立て気味にして、それでも触れたら弦を指先で薄く押さえたんだわ。
この薄く押さえるは、難しかった。とっさには出来ない^^;

今回も、肘を入れてってやってたんだけど、弦が低いから、もうこれ以上ムリ・・・な状態だった。
肩にかなりキテます^^;

「痛くてムリですぅ~、ぜーぜー」
マジで息が上がるんですけど(爆)
『えっ?そんなハズない!痛いんですか?』

楽器を右手に持って、エア構え。
先週、肘を入れるを勘違いしているらしいとは思ったけど、まだ理解が不十分だった。

これ、説明がとっても難しいんだけど・・・
自然な肩の動きが先にあって、その結果肘が入るって感じ。
指板に対する手の構えの角度を変えたいから、肘を入れるのよね。
だから、G線とか、重音とか、肩から自然に『肘を入れる』をやれば、指がちゃんとトンネルになって弦に触れることはなくなるし、肩が痛くなることは無さそうだ。
(ちなみに今朝、筋肉痛になってた><もうなるもんか!)
でも、分散和音じゃなくて、同時に鳴らす重音の場合は、弓使いも影響があるよなぁ。
まだバランスよく弾けていない。弓を弦に置く感覚が、てんぱると欠如するようだ(笑)

『力なんていらないんですよ!』
がんばろー!

次いでカイザーの10番。
これは私ならではかもしれないけど・・・
2の指と3の指&4の指が仲良しで音程がおかしくなる。
2の指を押さえたままのパターンは、要注意!

ようやく、『なんかこの曲出来な~い』から、『この曲のここが出来な~い』に進歩しました。
ま、出来てないことに変わりは無いけどね^▽^;
正しい肘の入れ方が解ったので、今週は疲れずに練習できるかな?

昨日のレッスンでは、無駄に疲れ途中までで釈放された。
次こそ最後まで行くだろう(苦笑)
始めた頃よりは、きっとマシになってる!はず。

ラ・フォリアにつづく~^^;


 | 2009/01/30(Fri)11:22 |
バイオリンレッスンだよ | comments(8) | trackbacks(0) |
バッハに起こしてもらった話
今朝も無事に目を覚まし、しばし布団の中で『バロックの森』を聴いていた。
このラジオを目覚まし用に設定したのはダンナ。
最初はこのなんとも言えない『二度寝促進』感がダメで・・・
ヴラトコヴィッチの吹く、R・シュトラウスのホルン協奏曲1&2番のCDに変えろー!と随分シツコク言ったもんだ。
でもダンナはヴラトコヴィッチはあまり好きじゃないので、一時違う奏者のCDになったけど、結局FMに落ち着いた。
なんでだろう?私がコンセント抜いたことと関係あるのかな?(苦笑)

まぁ結局は、バイオリンのレッスンでイヤと言うほどバロック時代の曲を弾くことになったので、雰囲気を知るにはちょうどいい。結果オーライですな(笑)

知らん曲が多いので聴き流しているコトが多いし、二度寝を催す危険はあるけど。

今朝は、知ってる作曲家の曲が!
そう、それはバッハ(大バッハって言うのね。メモメモ)
バッハは、今年のラ・フォル・ジュルネ音楽祭のテーマです。
イラスト、タイヘンナコトになってます(笑)
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのサイト
あ~、楽しみだにゃ~=^▽^=

そんな訳で
にわかバッハファンになるため、努力中なのだ!
だから、興味あるのだ!
一族のだれかの曲を取り上げる可能性も大だな!
(無駄に威張りながら)

そして曲紹介で知ったタイトルでバカ受け!
だって!

バッハ作曲BWV.140
カンタータ第140番「目をさませと呼ぶ声が聞こえ」

意味が違うんだろうとは思うんだけどね、朝にぴったんこ過ぎ!
しかも、指揮がアーノンクール。
ピリオド奏法の偉い人ってのは知ってる(ぉぃ)

takuyaさんに教えてもらった番組サイトから、曲の情報をコピペ。

ボーイ・ソプラノ:アラン・ベルギウス
テノール:クルト・エクヴィルツ
バス:トマス・ハンプソン
合唱:テルツ少年合唱団
合奏:ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
指揮:ニコラウス・アーノンクール
(28:30)<ワーナー WPCS-21092>

この曲の途中で、聴いたことのある旋律になった。
ファソラー ラーソ ♭シーラ (オクターブ下)♭シーラ 
ってな感じの曲(調は違うかも)
単独でも演奏されている気がするわ。

演奏自体は、他の曲と比べて編成が大きいなって感じがした。
でも、ニュアンスってのかなぁ・・・は、古楽器演奏も多いこの番組においても違和感がなかった。
古くて新しいのねぇ^^
ボーイソプラノが美しかったわぁ。

はい、目が覚めました(笑)

はっ!テレビ忘れてた~(確か弦楽器~><)

 | 2009/01/29(Thu)10:24 |
音楽♪ | comments(2) | trackbacks(0) |
8回目への・・・ドラえもん、とか
ふっ・・・なんだこりゃ(自分に呆れる人)
気づいたら明日レッスンだったので、慌てて練習(笑)

今は、こんな感じ。

脱力
左指に過剰に力が入っていたので、とにかく無駄な力を使わないように心がける。

ボウイングの練習
やってることは変わらないけど、続けるのは良いことね^^

スピッカートの練習
G-durで、ゆっくりめ(同じ音を8回ずつ)と、速め(16回ずつ)の2種。

最近、ようやくスタッカートとスピッカートが存在する理由が解った気がする。
スピッカートってのは、弓が弾力で弾むのを利用した奏法。
弾ませ方によって、色んな長さ、表現が可能。
でもこれは、弦楽器特有の奏法だから、オケみたいに色んな楽器がいる場合、スピッカートって用語が出てこないのは当たり前かも。
でも、表記はスタッカートでも、実際は弓を弾ませるスピッカートであることが圧倒的に多いじゃん。
って最近解った(遅い^^;笑)


小野アンナ音階教本
C-durとa-mollのスケールを数種。

カイザー 10番
スラーは無しで、とりあえず、最後まで弾くコトから・・・(笑)
左手の余分な力が抜けるにつれ、弾くのがラクになってきた^^

スーさん教本
ラ・フォリア

書くだけで疲れた(苦笑)

先週のレッスン以降、家での練習は2回サボっただけなのに、ラ・フォリアほとんど練習できなかった。
基礎練だけで、結構いい時間(=疲れたなぁ)になっちゃうのよね。
今は、約1時間が限度^^;

色々ネタ(?)はあるけど、これも楽譜がないとサッパリハテナ?なことなので、小ネタをひとつ。

途中、10連符と12連符が出てくる。
そんなにビビる程のものでは無いんだけど、私は10連符が苦手。
12連符は、6×2回って考える。以前、第九をやった時に、6連符に慣れる事が出来たので、これで12連符はOK。
(第九の4楽章の合唱の伴奏で、弦はヒドイ目に遭わされています)
10連符・・・5×2回、なんだけど、この5ってのが苦手。

こんな時は、言葉で当てはめると上手く行くって昔聞いた記憶が・・・
そこで私は考えました!
単に5文字なら良いってモンでもなくて、結構悩んだ末に・・・

ドラえもん!(笑)

うんと、10連符だから、「ドラえもんドラえもん」にあてはめればOK!
ドラ・えもん と、2+3になっている。
ホントはコレだけで上手く行くはずなんだけど、私ダメだったなぁ(苦笑)
まぁ、大分良くなった(笑)

うーん、せっかくだから、6も考えちゃう?

・・・電球

ワカメうどん!(爆)
地域差がありそうなメニュー^^;


「ワカメうどんワカメうどん」

おお、美しい12連符にっ♪うわぁ・・・
(自己陶酔)


明日は、ドラえもんとワカメうどんを連れて、レッスンに行ってきます(謎)

 | 2009/01/28(Wed)16:58 |
バイオリンレッスンだよ | comments(8) | trackbacks(0) |
レッスン7回目-その3
おっとヤバイ!レッスン明日じゃん!(爆)
その前に書ききっておかんと^^;

これは結構どーでもいい話なんだけど、私的には事件だったので書いておく。

なにやら名簿に自分の名前を見つけた私。
「先生、これってもしかして・・・」
『アンサンブルのレッスンのパート割りです!』

や、やはり・・・^^;
こういうレッスンも(別料金で)やっているって話は聞いたし、興味はあったけど、

受けるとはまだ言ってませんがっ!
もしかして先生って商売上手?


アンサンブルのレッスンは、月に1回。9月に発表会。
・・・個人レッスンを月2回にすれば、教材もろもろを考えても、同額位かな?
軽く計算後、参加する方向で話に参加(笑)

稼がないと9月まではもたん(ダハッ)
『点数』を稼いで、お小遣いもらえたら一番良いんだけど(ぉぃ)、今後はダンナの会社も厳しくなるばかりだしなぁ。
夏のボーナスは無いものって、今から思ってるもん。

そんなことはさておき・・・^^;

私の次の生徒さんもアンサンブルのレッスンを受けるのだという。
よろしくお願いします、と挨拶を交わす。
そうか。これを受けると、教室の知り合いが出来るのか♪
意外な特典付き(笑)

さらに、先生の先生(443Hzな人)からも指導を受けられるのかな?
これは謎・・・

アンサンブルの教材は決まっていた。
良く見ると、難易度(?)ごとにブループ分けされていて、やる曲も違うらしい。
(ついでに言うと、料金も変わるのだ^▽^;)
私がやるのは・・・?
表紙で判読できた単語・・・12、プチ(爆)

『マザスの2重奏曲です。私も良くは知らないのよね』
ソーッスか(爆)
この曲を6人で練習して、12曲の中から発表会の曲を決めるんだって。
譜面を見た感じ、シンプル。練習曲集なのかな?
書かれていたパート割りはファーストだった。セカンドの方が面白そうだったけど^^;

ともかく・・・
アンサンブルしたくて仕方なかったので、ナイスタイミングだったわ。

譜面の手配をどーする?って話になってたので、私が探しておきますと言ってみた。
アマオケ時代、楽譜に関する業務を長くやってたので、ヤ○ハで海外から譜面を取り寄せたこともあるし、ネットでも譜面買ってるし。
根拠は無いけど、出来そうだと思ったの(笑)

帰宅後、この正体不明の楽譜を探した。
googleで、『マザス バイオリン』で検索。すると・・・

もしかして: マザーズ バイオリン

ぐはっ!な、なんですかっ!それっ!
ママさんバレーみたいなもん?
(もしかして、の方も見たけど、分類失敗?って感じだったわ)

気を取り直して、マザスね^^;
violon webのこのページで、名前だけ知っているダンクラ(発表会でエア・バリエ弾いた人がいた)と同じ・・・派?だと解った。
まぁっ♪グリュミオーさまにつながていく時代なのねっキラキラ
(脱線^^;)

次はテキストとなる楽譜。
全く知らなかったけど、有名な2重奏らしい。
色んな出版社が(アレンジも含め)出しているじゃ~ないですかっ!
「これは同じ・・・かな?」って思うのもあったけど、写真が無いため不安。
12曲の中でも1番が人気らしく、1番のみって楽譜もあるようだ。
たったそんだけのことでも、ガイコクゴだから油断できない!
(YouTubeでも、1番だけは、アマチュアの演奏をいくつか聴けた)

思っていた以上に、メンドウなことになったぞ^▽^;

あっという間に週末になって、忙しくて。
週明けは女の子的体調のローテーションでパワーダウン。
パワーが蘇ってきた今日こそ、このネット楽譜屋と、ヤマハへ問い合わせをしなければ!
だってレッスン、明日だもん(直前までやらない人^^;)

・・・あ、バイオリンも弾かんと(付け足しかい!爆)

むふ、なんだか楽しくなってきた^m^


 | 2009/01/28(Wed)10:15 |
バイオリンレッスンだよ | comments(3) | trackbacks(0) |
人生選択の自由、あははん♪
このタイトルをみて歌えた貴方!
その世代ですね(爆)

今朝のニュースで、横浜市にイケてる公立高等学校が出来たと知った。
(市の広報誌を読まない人^^;)
なんか大層な名前だったな。
要は、高校から先端技術に親しみ、未来のノーベル賞受賞クラスの研究者を育成するんだって。
さらに、大学、企業とも連携して、何かやるらしい。

これはいい!と思ったわ。

理由は、派遣で働いていた職場は、いわゆる研究部門。
私も一応、理系大学出身だけど・・・
社員はもっと賢い大学の、最低限でも大学院卒。
一番驚いたのが、企業って、大学の研究室と研究してること。

うんとね、これって多分、こういう世界にいる人には常識。
でも私は、知らなかった。
金になる研究って感覚無かったし、意味が解らなかったし。
今では、学部学科関係なく、企業と共同で研究するスタイルは、使えるお金も多いし、投資する価値のある最先端の研究だから、刺激的(笑)なんだと良く分かった。
国や県も、先端技術の研究には、随分お金を出している。

純粋な『研究』(お金になるか分からない)に対する世間の関心の希薄さも、同時に心配になっちゃったけど。
金儲け至上主義って感じがしなくも無い。

さて、先の高等学校。
映しだされた実験室を見る限りでは、確かに大学や職場にあるようなものばかり。普通の公立高校じゃ、お目にかかれないだろうな。
『適材適所であれば、成果は期待できそう!』
こういう学問が好きな子には、たまらないだろうな。大学、企業とのつながりを肌で感じられるのも、今後の大きな財産になるはず。

だだ、これ向いてないって気づいた子がもしいたら・・・この高校で、別の道を見つけることが出来るのかな?
ま、心配しても仕方ないけどね^^;

かつて、おままごとレベルだけど、研究職をやっていた私。
楽しいと思えた時期もあった。
でも今は、戻る気はゼロに近い。

楽しかったのはなんでかな?
多分、職場の人がいい人が多かったから、単にそれで楽しかったんだと思う。
難しい仕事ではなかったし^^

でも、これは悪いことじゃない。
昨年コンビニで少々働いたけど、最終的には店長に(精神的に)着いていけないことが、辞める決め手だったからね。
父の病状は、幸いほぼOKだけど、もう絶対に行きません!(苦笑)

一方で、こうも思う。
そんなことで辞めてたら、いつまでも、このまま。

私は、今はね、こんな感じの生活(う~んと、まるで金持ちマダムのような?笑)を続ける気はないし、続ける経済的ゆとりも無いのは分かっている。
ダンナに依存しすぎなのも解っちゃいるのよ~><

ただ、人生の方向性とか、譲れないトコとかを決めるのは自分だから、今はまだ、小金を稼ぎには行きません!
(単なる言い訳?みないな^▽^;)

人生、自由度が大きすぎて困っちゃうな。
でも困る余裕があるだけ、幸せだよな・・・

これまでやってきた仕事、勉強。
無駄な時間を過ごしたもんだ・・・とは思わずに、コレを活かせちゃう、仕事を見つけるぞっと!

 | 2009/01/27(Tue)10:39 |
気になる世の中ってやつ | comments(0) | trackbacks(0) |
レッスン7回目-その2
忘れた頃に、続きです(笑)

さて、カイザーの10番目の練習曲。
これを見てもらうのは久し振り。

家で改めて(ちょこっと^^;)練習してみたけど、また親指の付け根が痛くなったので、困っていた。

左手の過剰な力を抜くことを意識しつつ、恐る恐る弾き始める。
おっと、音程が荒れ模様に(苦笑)
でもっ!
前よりも、力尽きるまでの小節数が増えました!
レッスンでは時間的に途中で終わっちゃった。
家での練習では、突発的休符(笑)が入るけど、なんとか通せた♪

絶対ムリって思ってたのよね、この曲。
でも、『なんとかなりそう』って気分になれて良かった。

ま、まだしばらくやりそうな予感^^;
次は音程にも注意しないと。

よーやく、ラ・フォリアに到着(すでに疲労が^^;)

最初の基となる旋律。
1小節で止められた^^;(のーん!)

バロックっぽい演奏をしてみようとした結果、休符も無いのに、隙間があき過ぎてしまった。
2拍目も、ちょっと緩すぎたみたい。
『もっと、歌うような感じで!』
歌?
踊りじゃなくて、歌かぁ♪なんか、面白そう^^
でも、歌うように弾くことほど難しいことはないと思うわ。

次のバリエーション。ピアノがいないと微妙な感じ?
これも2拍目からだけど、しっかり『スタート』をつけて弾くよう言われる。
あとは指を2ヶ所、2ポジに変えてくれた。弾きやすい^^

その次は、fはデタッシェっぽかったかな?
pのスタッカート、テヌート何か言われたっけ?
(録音聴きなおそうっと^^;)

そうなのよ。
レッスン中は、そりゃきちんと話し聞いてるつもりなのよ。
書き込みもするし。
でも、こうやって『あれ?』ってことあるのよねぇ。
新しい指示を受けて、あれこれ考えながら弾き、「ふぅ~」って思ってる時に先生の話を聞いてるから、うわの空みたい^^;
録音して良かった。

さてさらに次のページの変奏。
初回限定、勝手なテンポ大会最大の面白いトコっす(おい)
しばらく聴いていた先生。ふと、
『なに弾いてるか、良くわからないわ!』
かんでもうたぁ~^▽^;
『あと弓がすべってる。ヘンデルの時みたいに直角になるように注意して』
しもたぁ!またすべってもうたわぁ!(意味、違う)

4拍子になるAndante。
『フレーズを意識して!』
3、4拍の2分音符が短くて、1小節ごとに切れちゃってた。
ああ、また、こじんまりフレーズ病(なんだそりゃ!笑)
続く重音のトコ、音程を直されつつも最後まで行ったのだけど、
『良く出来た!』
その場ではあまり深く考えなかったけど、
・とてもよく出来た
・あなたにしては良く出来た
どっち・・・かなぁ?
私の前がお子ちゃまだったので、お子ちゃま向けテンションだっただけ、かな?(笑)

次のAllegro。
「ここは、どんな弾き方をしたら良いんでしょうか?」
スタッカートが付いた、速い曲。
単に音をブツ切りにするのか、それとも弓を弾ませてスピッカートにするのか、弓のドコを使うのか、考えても解らんかった。
『ここは、マルトレで』
マルトレ・・・聞いたことある。
うーんと、立派なマルトレ、って書いてあったぞ。なんかうっすらと記憶に。
この場は先生の弾いた感じを真似してみたけど、何か違うなぁって感じ。

ちなみに、カイザーの9番の解説で読んで知ってたのでした。
先弓の方で肘から先だけ動かし、しっかりとした音を出す奏法って感じだわ。
レッスンで先生と違う感じがしたのは、肘から先を意識してなかったからだと思う。
なにしろスベリ気味で、マヌケな音だったから^^;

さらにページめくったとこも、同じ奏法。スラーのトコ、弓を使う練習になりそう。
立派なマルトレと、スラーの共存かぁ^^;
カッコイイだろうなぁ、決まったら。

実は一番出来なかったのが、3拍子に戻ってすぐのAdagio。
自宅でさらった時、一番苦戦した。
ここだけでもお手本CD、何度か聴いておくべきだったかも。
私には不思議に感じる音が1つあって、これがなかなか取れなくて。
リズムも理解不十分^^;遅いとリズムが難しく感じる><

そんな読譜が不十分なところを、先生が見逃すはずはない訳で。
メトロノームに合わせて歌うと言う、レッスンでやるべきじゃないことをやるハメになってしまった。
あ~、時間、無駄にした><

結局、この日はここまで。
最後まで行けなかった・・・orz

次の生徒さんは大人の方かぁ。
夕方は違うなぁ。

連絡事項のファイルを見ると、なにやらパート割り?付きの名簿を発見。
あれ?なに?私の名前もあるの?


つづく(あとはどーでもイイ話)



 | 2009/01/26(Mon)17:02 |
バイオリンレッスンだよ | comments(2) | trackbacks(0) |
テレビ大好き、寝不足解消?
とりあえず、叫ばせてください・・・

ねむ~い!!!

この土日、よっしゃー!作戦(記事はこちら)続行に成功した。
土曜は、9:30~の連続テレビ小説の『だんだん』一挙放送
日曜は、8:00~のハイビジョンクラシック館:ワレリー・ゲルギエフ指揮、 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽の『マーラー船員の交響楽』の途中まで(悔!)
これ見たさか、規則正しい生活になってきたのか、自然に6時間で目が覚めた。

う~ん、ちょっと気をつけないと、『そう』になりそうだな、とか^^;

でもこの日は、さらなる試練が待ち構えていた・・・
深夜0:40~2:00・・・
ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2008
この間見た、工場のヤツは、2007だから、その翌年っす!
ぐはー!!!見たいっ、見た過ぎるっ!!!!

でもさ、デジタル対応のレコーダーが無いからねぇ・・・
いっか、明日はフレックス出勤(=単なる寝坊の意)で^^;

な~んて、愛読書『月間テレビガイド』(笑)とテレビで表示される番組表を見ながら思っていた。

さて話は変わり・・・
日中、良く行くショッピングモールへダンナと行った。
用事は文房具と雑誌(次のTVガイド^▽^;)、ユニクロ(690円のシャツ!笑)。
あとは家電量販店で、何やらケーブル見るって。

事件は、ケーブルを見に行った家電量販店で起きた!

年末年始、根性でBS、デジタルの音楽番組を見ていた私。
非常にツラカッタデス!
特にプロムス・ラストナイトは、さすがに死ぬかと思った。
(正月休みの最終日、1/4の深夜0:40~2:30位だった)

そんな訳で、2日に1回は『レコーダー欲しい』『パソコンで撮れるようにボード買ってこようよ』などの発言を繰り返していた(こわーい!)
でも、返事は決まってて、「稼いできたら、買いまショ~♪(ミルヒー風に)」

昨日も、マーラー超良かったのに、後半は違う番組(山形交響楽団のヤツ)がだぶったため断念。
この番組も面白かったけどね^^
でも、無念・・・だわ。
でも、今すぐ働きに出るのは避けたいわ(myプランがあるの^m^)

買いはしないけど、見るだけ見るか?ってことになり、見物。
いつかは買うものだし、価格の変動を見るのも楽しいもんだ^^

しっかし、ブルーレイは高いなぁ~
確かに映像はキレイなんだろうけど、あんまり興味ない。

デジタル移行に文句は無いけど、私はテレビがデカくなること、画質が上がることには、あまり興味ない。
情報がすぐ出るのはいいと思うわ^^

地デジ移行って、色んな団体、メーカーなんかの思惑で、解りにくくなってるよなぁ~

さて、デジタル、BSが撮れればいい訳です、ウチの場合。
ブルーレイ方式だと、8万位はするね(ハードディスク+DVD)
買えん・・・な。

ふとダンナが「あれ、良さそう」と別の機種へ。
安い・・・4万台。もち、ハードディスクとDVDに撮れる。

もちろん安い理由があって、DVDへの書き込み方式が、ブルーレイじゃない。
(何を使ってるか、取説に書いてありそうだね)
確かなのは、ハードディスクに撮った画質よりも、DVDへダビングした画質が落ちるってこと。
恐らく、ブルーレイは使っている波長が短いから、同じ時間でも情報量を増やせる。
撮ったまま(なのかな?)の画質でダビングできちゃうのよね。
でもウチは、ここまでのクオリティを必要としていない。

販売員さんの説明が良かったこともあり、即決!
(たまにダンナは決断が早い)

なお、今回は値引きの練習はしなかった。
一瞬『端数くらい、値切ってみる?』って思ったらしいんだけど(笑)

なんか急に、レコーダーをゲットです!
こりゃ嬉しいっす^^

でも・・・

結局、セッティングが上手く出来なくて、この日は2時までおきているハメに。
あーあ、せっかく(マイブームの)レーピンのブルッフのコンチェルトだったのに・・・
2楽章、寝てたようで、記憶が無いデス^^;

かーなり基本的なところで、とちってた。
ダメね、配線は眠い時間帯にやっちゃ^^;

お!
N響の演奏会過ぎてたっ!!!
(どうでも良いか、と言う気持ちも^^;)←あ、本音がっ!(爆)
あっ、でもっ、たまに良いときあるから、一応見るか?
(もっとヒドイ本音^^;)

生活のリズム維持のため、録画は最終手段って約束になったのでした^^;
いまは撮らなくても、問題ないしね。

ともが地デジ・BS録画生活へ移行するのは、もうちょっと先です(笑)

しっかし、4時間睡眠はキッツイなぁ~>O< ふわ~ぁ
ムリをしない良い練習になりそうだな、今日は・・・


 | 2009/01/26(Mon)09:24 |
ちょっとした事件だよ | comments(0) | trackbacks(0) |
アマオケならでは?
今日は、某アマオケの演奏会に行ってきた。
ほんとはオケの名前入りで書こうと思ったんだけど、敢えて匿名で。

前半、特に2曲目は、素晴らしい演奏だった。
実はあまり聴いたことない曲だったけど、CDが欲しくなった。

ここまでは、実名入りで書く予定だったんだ。
面白い文も浮んでたし(笑)

でも、最後の曲で、異変に気づいちゃったのよ・・・

アマオケでは、良く、音が指揮からずれるものだ。
こういう現象を『タテの線が合ってない』なんて言ったりする。

このズレ、大抵は指揮者から遠い、後ろのほうから起こることが多い。
(あくまで体験談)

ところが今日はね・・・

コンマスだけが異世界に(あり得ない)

色々考えちゃったよ、演奏そっちのけで(苦笑)

アマオケのコンマスって、オケによっては『いけにえ』的なポストなのよね。
(みんな後ろで弾きたがるので、譲り合いになりがち)

実は気が良い人で、演奏技術無関係にやらされている?
いや、演奏以外はミョウに風格があるから(爆)、自分を解ってないだけ?
単に前に人がいないから、一人の世界・・・?
まさか、目の前に指揮者がいるのに。

とにかく、弓のスピードが一人だけ速い。
かつ、テンポが指揮よりどんどん先へ行ってしまう。
それに、ボウイングもかなり初心者ちっく。
(弓がまっすぐじゃなくて、弧を描く。疾風先生がスベルと呼ぶ状態)
弓幅を使い過ぎて、挙句自滅しているし・・・?

めっちゃ、疑問湧きまくり(イヤな客)

そんな訳で、せっかく他のパートが作った雰囲気が、瞬時に豹変^^;
指揮者も困ってる感じだったなぁ、気のせいかも知れんけど。

実に考えさせられる演奏会でした・・・
もったいない。他の人は、みーんな指揮通り弾いてるのに。
(これも微妙なんだけどね^^;)

ボウイングのつけ方も、かなり微妙だったな。
「ええっ?そこでアップっすか?」みたいなツッコミどころ満載^^;

アマオケのボウイング決めって、かなり難しい。
プロオケの奏者(出来れば首席級の方)は、さすがだと思ったっけ。
ちゃんと、アマでも出来、かつ、音楽性を損なわない弓を付けてくれた。
経験の豊富さを、今更ながら感じる。
弓順は大事だ。

だけど、それ以前に・・・
時々に合った、弓の速さ、使う幅、これって大事だなぁと思った。

あ~、なんか疲れる一日だった・・・

 | 2009/01/25(Sun)00:34 |
音楽♪ | comments(2) | trackbacks(0) |
レッスン7回目-その1
本日の副題:思いもよらない展開

昨日は発表会終了後、初のレッスン。
時間は16時からとちょっと遅め。

昨日は雨がずーっと降っていた。久し振りに電車で行った。

5分前に着いた。いつもなら外でもうちょっと待つか悩むトコだけど・・・
駅からの徒歩で疲れたので、とりあえず入ってしまえ!
と休憩する気で侵入(苦笑)

ま、でも、これで良かった。楽器が冷えてたし。
しばし、フタを開けて待機。

さて、自分の番。
『発表会、上手に出来ましたね!』といきなり誉められる(照)
でもね、自宅反省会で、まだまだじゃ!って気分だったので、嬉しいけど、軽くお礼を言って終わらしちゃった(爆)
そんなこと(ぉぃ)よりも、確認したいことが!

「あの、練習を録音してもいいですか?」
ピアノ合わせの録音、すんごく為になったの!
『いいですよ(にっこり)』

やったぁ~!
そそくさとICレコーダーをON!
まっこと便利じゃのぅ、デジタル機器は。

その後、先生に『カイザーは2巻でしたっけ?』と聞かれ、ひょえー!(怯)
「いっ、1巻の、10番の、途中です」
うっかり自己申告しちゃったよ^^;

重音の構えをすると左手の親指が痛くて仕方が無い><
年末の肩痛は冷えのせいだった、など軽く報告(と言う名の雑談^^)ののち、レッスンスタート。

チューニングを終えると、前からやっている1ポジG-durでのボウイング。
ウォーミングアップにもあるし、気に入っていつもやってるんだ♪
最初と比べると、大分自然に出来るようになったような気がしてたけど、やっぱり、A、E線の先弓が滑って直角じゃなくなってるみたい。
簡単には出来るようにさせてくれないわね。
もうっ!バイオリンのイジワルっ!

いつもは右側に座っている先生。昨日は弾き始めると近づいてきた。
どうやら、私を観察している模様。
今度のネタは何ダロウ?(ちょっとビクビク^^;)

そしておもむろに私の左親指をつかみ、
『こんなに力入ってるんですね!』と言われた。

・・・?

つまり、見た目では解りづらかったみたいなんだけど、私の左手の指(全て)は、必要以上に力を込めすぎているのだそうだ。
えー!力抜いたら、音が「ヒャー」ってなりそう><

さらに、音を押さえるたびに、にょろにょろって指がヘンに動いているらしい。
こっ、これはもしかして・・・オケでの気配窺い奏法と音痴の相乗効果のせい?

『まず、親指の付け根は、Uの字に!』
確かに私は(そらない程度に)まっすぐにして弾いていた。
直せるかな?(さすがに年月を考えると不安がよぎったわ)
『そして指は、つんっ、つんって感じで置いて下さい。力を入れるのは最初だけ』
ええっ?つんっつんっ?

なにはともあれ、試みる。
すると・・・

「ホントだ!左手、力過剰でしたね!」 実感出来たぁ~♪
でも、なかなか継続は出来ない^^;

この感覚でやれば、重音でも、疲れ果てて演奏の続行が不可能になることは・・・
減りそうだ!(無くなる!って断言できない微妙な状態)

この後、スピッカート2種(しっとりタイプ、ピチピチタイプって感じ?笑)もやった。
ここまでは、今まで通り。

『次、音階!』 ふぬ?
「えっと・・・調は?」
ラ・フォリア対策で、F-durとd-moll(ともに♭1つ)はやってたよ。
『カイザーと同じ、C-durから』 ありゃま(汗)

念のため小野アンナ音階教本持ってきて良かったぜい!
しかも練習していた♭1つのと同じページだったから、目印の付箋貼ってあるぜい!
随分前に弾いたっきりだけど(開き直るさ!)

さっき言われた『つんっ!』を気にしながら、まずは普通(?)の音階。
ポジション移動で親指を置き去りにしていて注意される。
問題は分散和音。長距離のポジション移動があるのよね。
「すいません。この調は練習してきませんでした」
練習してなかったとしても弾けたいところだったけど、ムリ。

この後、6度のスケールを1ポジの範囲のみで。
1つずつ弾いてから重音、のパターンで弾いた。
音が違うとピアノで指導されたから、ハモらせるための微調整は考えないでおこうっと。
きちんと音程が取れてからの話。
今は、そういうのがあるってレベルで良さそうだ。

怪しいながらも、準備が整いました(笑)
いよいよお久し振りの・・・

カイザー!!!!10番^^;

今の左手の改善を生かして、倒れずに弾けるか?


つづく

 | 2009/01/23(Fri)17:00 |
バイオリンレッスンだよ | comments(2) | trackbacks(0) |
 │ ホーム │  次ページ  >
こんな人・・・かも?

とも

  • author:とも
  • ちんたら専業主婦しています。
    生活クラブ生協は辞めたい日もある複雑な心境にシフト。
    バイオリンは弾いてない。アマオケ復帰したい気持ちもあるんだけどねぇ。
    国会視聴はマイペースに継続中。知識不足も痛感中。
    密かに不妊治療始めました。遅まきながら、ようやくここに至る心境の変化がおきました。歳だけど間に合うかなぁ?ま、頑張ってみる。
    (2013.2.20更新♪)
  • RSS

  • 管理者用
最近こんなこと書いた
カレンダーっす
« | 2009-01 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
戦慄の旋律ならココ(爆)
ブログ内検索:NGワードはダンナ(笑)


ご訪問、ありがとうございます♪

現在の閲覧者数です 





おやじ素材

おやじパーツ投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。